女性の育毛剤成分「ミノキシジル」とは~発毛に対する作用

発毛や育毛が行われるためには毛母細胞が活発に分裂することが必要で、毛母細胞が活発に分裂することによって、発毛や育毛に作用がある様々な成長因子(グロースファクター)が分泌されるのですが、毛母細胞の分裂は血流が滞りがちになると、毛根に栄養素がじゅうぶんに届かなくなるため満足に行われなくなってしまいます。
それを改善するために女性用育毛剤などに含まれている成分として有名なのが、ミノキシジルと呼ばれる成分で、ミノキシジルとはもともとは医療の現場で、高血圧改善のために使用されていた成分なのですが、これを使用した患者の多くに多毛症の症状が見られたことから頭髪トラブルを改善するためにも使用されるようになったという歴史があり、作用としては血管拡張作用があります。
そのためミノキシジルに期待できる発毛効果とは、頭皮にミノキシジルを高濃度に留めておくことによって、頭皮や毛母細胞の血管が拡張され、血流の促進が期待でき、毛母細胞の活動が活性化することによって得られるのではないかというものです。

ミノキシジルの有効性は、男性は勿論のこと、体の代謝が男性に比べて低く冷え性などになりやすいために、全身の血行不良が引き起こされやすい女性に対しても有効で、また男女問わず、男性ホルモンの過剰分泌によって萎縮してしまっていた毛母細胞や毛乳頭も、ミノキシジルを使用し続けることによって元の大きさに戻っていたり、大きく成長することも明らかになっています。
元の大きさにもどった毛母細胞や毛乳頭に、じゅうぶんな栄養が届けば、より高い抜け毛予防の効果や発毛効果を期待することができますし、また最近では、血管拡張作用以外にもミノキシジルには発毛や育毛に対して有効な作用があることが明らかになっており、それが成長因子(グロースファクター)を増やす作用で、これらの成分はたんぱく質の一種なのですが、たとえばVEGFと呼ばれる成長因子(グロースファクター)には、傷ついた血管を修復し、血流を促進させる効果が、そしてKGFと呼ばれる成長因子(グロースファクター)には、毛母細胞の増殖を促し、頭髪の成長を促す効果があるとされています。
ですから、ミノキシジルを使用することは、それによって頭皮の血流を促進させ、更にそのことで数々の成長因子(グロースファクター)が増えるわけですから、とても高い育毛効果を期待することができると言えます。

日本において、初めてミノキシジル配合の育毛剤の販売を開始したのは大正製薬で、現在では女性専門の商品も販売されていますが、これらはすべて外用薬であり、内服薬に関しては個人輸入で入手することはできますが、内服薬そのものは国には認可されていないためあまりおすすめできることではありません。
ミノキシジルに関しては厚生労働省に認可されている成分ですが、もともとは医療現場で高血圧治療のために使用されていた成分であることもあって、副作用の可能性が完全に否定できるものではなく、人によっては頭痛や吐き気、重い低血圧やむくみと言った症状が出てくることもあるため、入手に関しては医師の処方箋は必要ありませんが、利用に関してはやはり医師に相談をした方が安心できます。
また女性の薄毛は、単に血行不良だけが原因でないことも多く、たとえば女性ホルモンの分泌量の低下、頭皮の乾燥や炎症などが原因となっていることも多いですから、いきなりミノキシジルを利用するよりは、やはりある程度の原因を医師に見極めてもらってから利用する方が、より発毛効果を得やすいと言えます。
発毛効果とは、長い目で見なければなかなか実感するのは難しいものですが、頭髪トラブルの程度が浅い時点であればある程、そして早期に対策を打てば打つ程、早い段階で高い効果を得やすいのは確かなことです。
頭髪トラブルがある程度、進行してしまったり、対策が遅れたりすると、毛母細胞の分裂回数が限度を迎えてしまったりして、発毛サイクルそのものが狂ってしまうことにもつながりかねません。
ですから、頭髪にトラブルの兆しを感じ始めたら、速やかに医療機関に相談をして、適切な対策をとるようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です